■ 総理大臣の暗記方法・コツ

総理大臣の名前は歴史を学びながら徐々に覚えていくしかありませんが、歴代総理大臣の順番については、語呂合わせを用いた簡単な覚え方があります。


歴代総理大臣の名字の頭文字(平仮名)を順番に並べ、その語呂を覚えます。「いくやまいまいおやいかさかさかやおてはたかやきかわたはわいさおひはこひあよ・・・」という語呂を暗記すればいいわけですが、このまま覚えようとすると長すぎるので、何個かに区切って覚えましょう。例えば、時代ごとに区切った場合、明治の歴代総理大臣(伊藤博文〜西園寺公望)は「いくやまいまいおやいかさかさ」。このように短く区切ると、頭に入りやすくなります。


ただし、この語呂はたった1文字の平仮名の頭文字を繋ぎ合わせただけですので、被りがいくつも存在するという欠点があります。例えば「か」の一文字だけを見ても、桂なのか加藤なのか海部なのか全くわかりませんね。ですので、ただ語呂を覚えるだけでなく、どの総理が大体どのあたりの時期なのかを把握しておく必要があります。